無神経な家内にイライラが止まらない!!別れようかな…

人間生で一番イラっとした彼氏は当時付き合っていた彼氏だ。
いつも野望や相手だけは厳しく持っていましたが、酒癖女癖もひどく、さらに借入病みつきもあり本当に最低な人間でした。
あんな旦那にイラっとできる事は数え切れないほどありましたが、の間でも一番ムカついたのは企業の人間と飲みにいく誓約をしていたが手持ちが無くへそくりを貸してほしいと言われた中だ。
今まで長時間へそくりを貸しましたが一度も返したもらったことが無かったので、私も頑なに断っていました。
しかしこの日に限って本当にしつこく、こういう飲みの会合に行かなければあとあと職種に支障が出ると言いだしたので、もうこのへそくりはあげた物質として渋々貸すことにしました。
いつもならその辺に置いてあるアパレルを適当に来て出掛けていましたが、その日はめずらしくアレでもないコレでもないと1人間でコレクションをしていました。やっと決まったのか上機嫌で出掛けて行きました。
昼前方4中時旦那から電話がかかってきました。お酒があまり著しくないくせにかなり飲んだらしく厳しく酔っ払っていました。行動は近くのコンビニエンスストアにいるから迎えに来い!という条件でした。
それにもかなりイラっとしましたが酔っ払って他の人間に迷惑をかけて取り返しのつかないことになると憧れ迎えに行くことに。
旦那を調べるなりコンビニエンスストアの階層で寝っころがり書籍を読んでいたのです。ショップの人間もなかなかお世話出来なかったみたいで終始苦笑でした。
なんとか旦那を起き上がらせて家に戻ると、旦那はニヤニヤしながらベッドに入りそのまま寝てしまいました。
もうこの時点でかなりイライラしましたが、その後に発覚した事実で私の頭は噴火しました。
その時わたしはめずらしく女房の直観が絡み旦那の帯同をメソッドにとりロックンロールをストップしました。メールアドレスの口論を開くと一番上に1人間の女の人との口論をはっけんしました。
条件を開いてみると、なんと企業の人間と飲みに行くと言っていたのに鉢合わせ関わりで知り合ったと窺える女の人とデートに行っていたのです。
メールアドレスの条件から恐らくデート値段は旦那が払ったらしく、それにも神経が爆発しました。
企業の人間と飲みに行くと虚偽をついてへそくりを借りて不倫。
さらに近所のコンビニでも醜態をさらし…
普段はあまり神経を公に出さなかったわたしでしたが限界に達し、寝ている旦那を引き摺り回し入口の外へ放り出し、旦那の積荷を合計ベランダから投げ無くしました。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です