青春の過ごす中で大好きだった漫画

高屋奈月さんの漫画『フルーツバスケット』です。この漫画を知ったのはちょうど高校生の時でした。ヒロインはどこにでもいる普通の女子高生なのですが、幼いころに父を亡くし、母も亡くしたヒロインの透がテント生活をするところから話は始まります。もちろん女子高生がテントで生活をし続けることはできませんが、突飛な発想に驚きました。フルーツバスケットでは、たくさんの魅力あるキャラクターが登場します。その誰もが痛みや苦しみを抱えていて、その上、人には説明しづらく、悩みの性質上理解されにくいものでした。同じ悩みを抱える者は互いを疎ましく思いながらも、理解できるのは同じ悩みを抱えた者同士だということで鬱屈したものを抱えて暮らしています。普通の人として暮らすということがどれだけ大変なことかを漫画を通して繰り返し読者に投げかけてきます。学園もののラブストーリーではあってもファンタジーの要素が絡んだ作品は、ドキドキします。十二支の呪いがかけられた登場人物は異性に抱きつかれると憑かれた動物に変身してしまいます。十二支同士だと抱きついても平気ですが、十二支以外の人に恋をしたことで悩みや苦しみを抱えます。“こんな自分を誰が受け入れてくれるのだろう”。恋愛だけではなく、多くの場面で人は、他者を受け入れ、受け入れてもらうことを望み、その望みが叶わないことに絶望します。フルーツバスケットではキャラクター一人一人に大切な物語があって、その物語が丁寧に語られていく様子を毎回楽しみにしていました。他にも良い作品はたくさんありますが、泣き笑い、共感し、青春を共にした作品です。十二支の呪いは本編のラストであっけなく解かれてしまいます。その理由も明かされますが最後の最後まで予想がつかず、ハラハラドキドキした作品でした。コドミンの評判が知りたい

今更ながら「吼えろペン」を思い起こしてみる

昔から、島本和彦先生の作品が好きで、また、現実とリンクするレポート的なマンガが好きなので、両方を兼ね備えたこの作品はハート直撃でした。単行本を前作の「燃えろペン」共々全巻揃えて、思い出したように読み返していました。この作品とつながりのある「アオイホノオ」はテレビドラマ化もされ、小学館漫画賞も受賞していますが、作風としては、私は「吼えろペン」の方が好みです。
島本先生の作品は、ギャグで照れ隠ししつつ、熱いメッセージを読者に投げかけるのが妙味です。主人公が漫画家で、漫画家というクリエーターが、日々の執筆活動の中で「戦う」姿勢は、門外漢の私にも勇気を与えてくれるものがあります。「いい仕事をしたい!」という真っ当な欲望と、「プロは売れることが重要」「現実の社会に適応しなければ生きていけない」というリアリズムの狭間で足掻く主人公の姿は、社会で働く私自身の姿にどこらダブるものを感じます。
また、私の住む世界とは全く異なる、漫画業界の内部事情が散りばめられており、そうしたエピソードを楽しむこともできます。作品の中には、明らかに実在の漫画家をモデルにしたと思われる登場人物が多数おり、彼らの素顔をデフォルメされたものながら味わえます。
島本和彦という漫画家は、その作品が完結して何年も経ち、忘れかけた頃に突然アニメ化や映画化されるケースが多いです。この作品も、いつの日か再び脚光を浴びる日を、密かに待ち望んでいます。アイキララが気になる。

中学生の時に影響を受けたベルサイユのばら

中学生の時に読んだベルサイユのばらは、本当に衝撃的でした。男装の麗人オスカルに心奪われたのを今でも覚えています。その頃は今のようにコスプレとかある時代ではなかったのでせめて夢の中であんな風になれたらいいな~と思ってしました。そして、マリーアントワネットのドレスや身分違いの恋というのに憧れみたいな気持ちを抱いたりしてました。
女子校に通っていたので、影響を受けた女子がオスカルの真似をしているのもよく見かけました。
フランス革命という時代背景もその当時の私には魅力的でした。世界史が苦手だった私もこの時代だけは詳しくなりました。そして、宝塚歌劇団がベルサイユのばらを上演するのを知って、観にいきました。
本当にきらびやかで、夢の中にいるようでした。
オスカル役の方は本当に凛とした美しさがあり、アントワネット役の方は可愛さと美しさを兼ね備えていました。そしてあのドレス姿は本当に綺麗で、私も着てみたいと思ったものでした。
ベルサイユのばらをきっかけに私は宝塚歌劇の大ファンになりました。追っかけと言われる程に宝塚にのめり込んでしまい、よく母親と喧嘩もしました。
宝塚を見に行く為に働いていたようなものでした。
ベルサイユのばらの影響力は私の人生を変えるほどのものでした。女性ホルモンを増やすには?